menu

世界45ヶ国の登録商標
粉粒体供給機「サークルフィーダ® 」

世界45ヶ国の登録商標
粉粒体供給機「サークルフィーダ®」

技術動画 MOVIE

特徴・機能紹介

  • No.2005万回確認・継続中

    新規に開発されたサークルフィーダ専用ゲート、粉粒体に限定、構造見直でコストダウン。

  • No.164ベントナイト

    MDによる微量供給の確認テスト。付着性あり流動性の悪いベントナイトを能力 1g/hr で排出。

  • No.162クリンカー

    球状で粒度分布の広い物性「クリンカー」の排出テスト。混合粉でも偏析のない安定した排出。

  • No.140エアー式残量抑止装置

    フィーダー内残量軽減にエアー式残量抑止装置。付着性のない軽い原料に最適/機械式もあります。

  • No.135混合ペレット

    物性(粒径)の異なるペレット混合粉の排出テスト。性状の異なる原料でもマスフローで偏析を抑止。

  • No.127残留抑止装置の紹介

    残量が問題となる場合に残量抑止装置。原料のロスを最小限に抑え、粉体替えの時間短縮が可能。

  • No.92偏析対策にサークルフィーダ

    ホッパー内部は、見えませんが、サークルフィーダは、マスフロー排出をすることで偏析を抑止します。

  • No.87リニューアル!シーエフΣ

    容積式高精度供給機シーエフシグマをリニューアル。供給機の分解、組立が容易でメンテ性がUP。

  • No.61ポリフレーク

    異能力で2ヶ所同時排出仕様、動力は1軸のみで設備コストダウンが可能

  • No.58回転式自動均し装置

    貯槽量の有効活用に回転式自動均し装置。安息角の大きい粉体でも有効容量を増やします。

  • No.45残留除去テスト

    原料のロス対策に残量防止装置。テスト粉体はパルプ。機械式とエアー式があり、併用が効果大きい。

  • No.32残留抑止装置

    供給機内部残量を最小限に抑え、品種替え、洗浄時の粉体ロス対策に最適。コスト安価な手動式とエアーパージ式もあります。

  • No.27サークルフィーダで偏析解消

    サークルフィーダの特徴は、マスフロー排出。配合・混合原料の偏折を解消します。先入れ先出しで古い原料を残さない。

  • No.25サークルフィーダの原理

    サークルフィーダの排出原理をわかりやすい映像で解説。粉体圧を均等分散する全周からの切出しで負荷トルクを低減。

お電話・FAXでも
お問い合わせを承っております。

受付時間
午前8時30分〜午後5時(土・日を除く)
FAXは24時間受付