menu

世界45ヶ国の登録商標
粉粒体供給機「サークルフィーダ® 」

世界45ヶ国の登録商標
粉粒体供給機「サークルフィーダ®」

納入事例 CASE STUDY

農薬ペレット製造設備

難排出物の塊状湿粉を分配供給

農薬ペレット製造設備や水和性顆粒剤(WDG)の生産工程でサークルフィーダは重要な役割を果たします。塊状の湿粉を混錬機から受け入れたサークルフィーダは造粒機へ連続的安定供給を可能とします。

造粒機の連続的な安定供給は生産性を向上する上で最も重要です。混練機から受け入れられる塊状の湿粉は流動性が悪くブリッジしやすい状況です。さらに最適に混練された湿粉がフィーダ内で必要以上にかき混ぜられたりすることでかさ密度や物性が変化すると製品の低品質にも繋がります。

サークルフィーダは独特な排出機構により難排出物でも物性を変えることなくブリッジを抑制しながら連続供給を可能とし製品の高品質を維持します。

特徴

  • 分配供給機能は設備の増産を可能とし、メンテナンスや万一の故障時も操業可能
  • 全体的に高さを抑えられ設置スペースの有効活用が可能
  • 1台で複数の物性が異なる粉体にも対応可能
  • スクリューフィーダでは上記は不可能

関連製品

お電話・FAXでも
お問い合わせを承っております。

受付時間
午前8時30分〜午後5時(土・日を除く)
FAXは24時間受付