menu

資料ダウンロード お問い合わせ

納入事例

ビール粕処理設備

ビール粕とは

麦汁を濾過した残渣で、麦芽や副原料の粕です。
ビール粕は飼料や肥料などに使われます。

サークルフィーダが選ばれる理由

生粕は含水率が高く流動性が良いが、水分が抜けると流動性がきわめて悪くなり、ブリッジし易くなります。
サークルフィーダはフィーダ底部から全周方向に切り出す独特の構造から、ブリッジを防止しながら安定供給する事ができます。

関連製品

関連動画